人が生まれながら持っている「天・風・水・雲・地・光」にその人の星数を入れることにより、本当の性格を占います。

無限の「トリプル占術」 永田無限公式サイト
占いのお申込
無限の「トリプル占術」 プロフィール 占術実績 著書・メディア情報 よくあるご質問 お問合せ
個人情報保護方針 トップページ
1950年生まれ。
平成16年より国会タイムズ紙の後も五味会長の依頼により国会議員の占術、政治評論をスタート
≫詳細はこちら
2017.08.21
政界再編パートIVとリーダーの資質

若狭氏達何人かで何が出来るのだろう。
その人達も次の総選挙は苦しい人達です。
2大政党うんぬん言っているが、自分達が当選できないからなのではないだろうか。

前回にも書いたが、自民党の中だけでもう一度ガラガラポンをやり古い体質を改め
NEW自民党をベースにやればベターです。
長老クラスはあらゆる仕掛けをして潰しにくるだろうしね。

若狭氏達も小池知事の名前を出さないで、小池氏に頼らないで、自分達でやってみなさい。
おそらくパワーが出ません。
前にも書いたが、求心力を持つ人物、カリスマ性がある人がいません。

今、小池知事周辺をいろいろスパイが、スキャンダルをさがしていると言われている。
決定的な何かを?

昨年の知事選挙、今年の都議選挙で負けた人々やグループは、小池氏を
憎くて憎くてしょうがないだろうしね。
しっと、しっと、しっと。

ここでトリプル占術もう一度説明しましょう。
トリプル占術とは、
その人の相性と運気、そして性格を表すものです。が、しょせん
その人のレベルの高い人と低い人に分かれます。

アスリートだったら運気だけでは駄目です。
一番は才能です。
その抜群な才能がある人は、良い時期の運気にも押されます。
先日巨人軍の宇佐美真吾選手が、延長10回サヨナラホームランを打ち逆転しました。


宇佐美真吾
1993年6月4日生まれ
ベース星 (光)
星  数 (5)
曜  日 (金曜日生まれ)


持っている星、性格は、テニスの錦織圭とまったく同じトリプルです。
勝負強い性格。
この人は才能があります。
あとは巨人の首脳陣の育て方だけです。
試合で使う事です。

逆に、才能のない人は、そこまでの力量しかないという事です。

それを本人がわかっているか、わかっていないかだけです。

政治家も同じで、前の稲田大臣は、
自分が異界星で金曜日生まれの性格を自分で自分がわかっていない。
それと弁護士資格にしてもすべて基本はペーパーテスト。
その人の人間としてのセンスというものが、すべての仕事に出てくるものです。
センスがなく資質がない人でしたね。

資質のある政治家とは、
(1)政策と政局のセンスの持ち主。
(2)人気カリスマ実力がある人。
(3)外交センスがある人。
だいたいこのあたりが備わっていないと国のリーダーにはなれません。
それと本人の顔スタイルもね。
まあ、いないかもしれないね。
すべての国会議員の人々は、自分の顔スタイルをよ〜く鏡で見て見なさい。
自分の顔、スタイルにうっとりしてナルシストでも困るしね。

これからあらゆる政局が来るが、命をかけた戦いをする人々とは、
大衆の心に必ず響きます。

それがやれるか、やれないかだけです。



2017.08.07
政界再編パートIII 河野太郎外務大臣

小池知事も若狭氏だけは応援すると先日言い切りました。
これは意味が深い。
都民、国民の肌感覚をわかっているのです。
しかし、これに民進党の前原氏の勢力が、
乗ったりしたらかなりなインパクトはあるのではないだろうか。
前にも書いたが、
国の政局には小池氏は入らない方がいいとね。
「大義名分」、、、、
これが若狭氏の事です。
彼は昨年からず〜と小池氏と行動を共にして来ました。
この名分があればそこそこの支持を集められると思う。
まず、自民党の東京都の国会議員をピンポイントで狙う事です。
それが、国政へのステップです。
小池氏の性格はおとなしくだまっていられない冒険好きな性格です。

他の国会議員クラスでも選挙に絶対強い人以外は、浮き足立っているのが現実。

誰が切り込み隊長になって行動するかで大きく変わって行きます。
ある程度カリスマ性があって重厚な人。
小池氏以外いる様でいないのが現状ですね。

先人いわく、さるは木から落ちてもさるだが、代議士は落ちればただの人。
今まで調子に乗っていた人でも落ちれば終わりと言う事です。
マスコミ、メディア的にはおもしろいし話題になります。
しかし、私はやはり自民党がベースになって行くのが、ベターだと思っている。
前にも書いたが、国民は革命的な事を望んでいない。

もっとしっかり正直にやれと言っている。
総理が変わってもいいからしっかりやれと。
今度の人事(大臣)もまあまあだと思っている。

河野太郎外務大臣クラスが、
これからの自民党の中心になって行けばおもしろくなるのではないだろうか。


河野太郎
1963年1月10日生まれ
ベース星 (地)(風)
星  数 (3)
曜  日 (木曜日生まれ)


この人はサラブレッドでも野生のサラブレッドです。

ある女優が言った言葉があります。
「男は50代から」


2017.07.31
政界再編パートII 次期総理

国民のトラウマは消えないものですね。
あの民主党(今民進党)ね。
いくら正論を言っても信じてもらえない。
若手中堅の民進党議員は、気の毒でもある。
それじゃ自民党はどうなのか?
国民のほとんどは、安倍総理が退陣してその仲間達が消えてくれれば、
自民党に任せても良いと思っているのではないだろうか。

どうしてか?
それは、国の経済や外交、それに各基幹産業の変化を望んでいません。
安定を国民が望んでいるからなのです。
もし自民党に変わる受け皿、いわゆる都民ファーストうんぬん言われているが、
ムードムードだけであって国政を任せても良いとは国民は思っていません。
たとえ国政に出ても40人〜60人位は取るかもしれないが、
それの軸求心力そのものがいない。
せいぜい今のところそこまでです。
前にも書いたが、小池百合子知事一人だけです。
あとの国会議員がいろいろいるが、線が細く弱い。
まあ小池氏と同じクラスの度胸のある大物クラスが旗を立てれば変わるかもしれない。

しかし、自民党の長老クラスも世間から見ればかなりズレ過ぎている人々が、ズラーといる。
これも困ったものです。
「俺を誰だと思っているんだ」というのが根にあるいわゆる
「おっさん政治」最後にはガラガラポンで
安倍総理も退陣をし、野党も右と左に割れて右往左往し、「結局薬局郵便局」で
一番かたい安定感のある。

岸田文雄外務大臣に、落ちつくのではないだろうか。

岸田文雄
1957年7月29日生まれ
ベース星 (雲)
星  数 (4)
曜  日 (月曜日生まれ)


この人が次期総理になれば派手さはないが、安定感はあります。
小池知事も国の政局には入らない事ですよ。
他の国会議員クラスが、
本当にガケから飛び降りてやり合うのを高みの見物に徹する事です。

一年前、小池氏は一人で組織も何もなく自分の命を賭けてここまで来たのです。
私はそれだけで大したものだと思っています。
他の議員クラスも同じ事をやってみて始めて国民は動くのです。

それが出来ますか?

2017.07.24
政界再編パートT

「あの程度の大臣クラスや他の国会議員」
その人達の発言や仕事に対して国民の人々は、
「俺でももっと良く出来る。私でもあのクラスよりは出来る」と
思っている人々が多く存在しています。

要は、自民党と戦える改革志向の保守を誰と誰々が作るかなのです。

誰が小池百合子知事のマネをして崖から飛び降りました。と言っていたが、
あの程度じゃ崖のうちに入りませんよ。

次からは私の想像だが、
「絵になる大将」が、小池百合子氏以外いません。
しかし、小池氏は本当に自民党を潰そうとは考えていません。
改革して欲しいのです。が、今のすべての幹部クラスではズレ過ぎて無理なのです。

こういう心理になっているのではないだろうか。
いずれ小池氏も運気が下がって来ます。
今の安倍総理の様に冬に入ります。
それと
自民党の石波氏も中途半端ですね。
今のままではたとえ安倍総理が失脚しても次の総理には自民党の中ではなれません。

民進党の前原氏と一緒に、本当に崖から飛び降りて新党を作る。
位の事をやらなければ無理でしょうね。

安倍批判をして言うのは簡単です。
問題は、実行出来るかどうかなのです。
その旗を立てれば国民は動きます。


2017.07.18
政治への挑戦

「だめだ、できない」で決め付けてしまうのが、今までの古いやり方でした。
たくさんの人々にアイデアを出してもらいいつも情報公開する。
その都度国民には「これでどうか」といつも問いかけて行けばいいのです。

都会であろうが、いなかであろうが、ズレ過ぎて古い人々は退場されて行く流れになっている。
私も含めていろいろな人々に言えること。
「面倒くさい」と思ったらもうそこで止まっている。
確かに面倒くさいことはいろいろあります。しかしそれはその人の個人的な私生活の事であって、
あくまでも一般的な人々の事です。
それが、政治のリーダー達にとっては「面倒くさい」が致命傷なのです。

国民に中長期的な夢を語れる政治家がいなくなりました。
それも現実をともなう夢を語れる人がね。

おっとと失礼、ベンチャー型政党
都民ファーストがいますね。
小池百合子知事と野田数代表のコンビが、どういう核を作って行くかですね。

他にはいませんね。
国民目線で、本当に政治を変えて行くという挑戦出来るのは。
当然他の勢力が潰しにかかって来るしね。

確かに自民党は古過ぎてズレ過ぎている。
危ないですね、

2017.07.18
有名人のトリプル占術を掲載しました。
・異界星の2人 稲田防衛大臣と萩生田官房副長官
2017.06.22
有名人のトリプル占術を掲載しました。
・政治アナリスト伊藤惇夫氏の分析力
2017.06.22
小池百合子知事VS菅官房長官
この数ヶ月の流れを見ていると、菅氏はどうしても小池氏を潰したい動きにいろいろ出ています。

現代の選挙は血を流さない「平和な戦争」と言われている。
やるかやられるかどちらかなのです。
私の推測だが、小池氏の腹は都議選後まで読んでいる様に感じるのです。
それは先頃のフランスの選挙でマクロン氏が、既存の政党ではなく、国民目線のNEW政党を立ち上げて勝ちました。
この流れを小池氏は見ているのではないだろうか。

日本の一丁目一番地の東京をまず都議選で勝利をし実権を握る。
その後に、東京都選出の自民党の国会議員を潰す作戦があるのではないだろうか。
それを感じている国会議員(東京都選出)が、官邸に泣きついている。

最近いろいろな自民党勢力が小池知事潰しに動いている
。 政治ジャーナリストでも政権寄りの人々や、それらの業界の人々。
お笑い芸人まで文化人面をして批判している。

勝負事とは、相手がいやがる事を何度も々も仕掛けて行くのが鉄則です。
しかし。前にも書いたが
小池氏の性格はやられればやられるほど「それがどうした」という性格なのです。
小池氏の本当の腹は、安倍総理までは考えていません。
まず菅氏だけは潰さないとやりづらくてしょうがないと思っています。
菅氏も同じです。

それもこれも互いに今度の都議選で勝ってこそ出来る事なのです。
「トリプル占術的には、小池氏は上昇がMAXに入っている。
 菅氏は2017年から下降に入っています」これわかりますね。

すべては世論が決めるのです。
東京は地方と違って色「政党色」のついていない無党派層の世界というのを忘れてはいけない。

小池氏が、もし勝てばその後に東京都の統治に入ります。
副知事初め人事をやります。

ガバナビリティ(統治能力)はあります。

国家、官邸の権力を握っている菅氏。
東京都の世論を味方にしている小池氏。

どんな勝負になるか。
2017.06.12
有名人のトリプル占術を掲載しました。
・平野美宇と異界星の性格。
・天才 張本智和のトリプル占術。
・巨人高橋由伸監督の真冬。
2017.06.01
有名人のトリプル占術を掲載しました。
・前川喜平前事務次官と官邸の権力
→更新履歴
有名人 ベース星 星数 曜日 鑑定
野田数 1 月曜日
長島昭久 1 土曜日
ティラーソン国務長官 7 日曜日
安倍昭恵 7 日曜日
栗山英樹 11 水曜日
ボブ。ディラン 8 土曜日
イヴァンカ、トランプ 風、地 5 金曜日
ドナルド、トランプ 4 金曜日
若狭勝 3 木曜日
テリーザ、メイ 5 月曜日
小池百合子 3 火曜日
イ、ボミ 1 日曜日
ガレス、ベイル 5 日曜日
松本潤 5 火曜日
麻生太郎 7 金曜日
ダルビッシュ有 3 土曜日
長友佑都 9 金曜日


pageup