人が生まれながら持っている「天・風・水・雲・地・光」にその人の星数を入れることにより、本当の性格を占います。

無限の「トリプル占術」 永田無限公式サイト
占いのお申込
無限の「トリプル占術」 プロフィール 占術実績 著書・メディア情報 よくあるご質問 お問合せ
個人情報保護方針 トップページ
1950年生まれ。
平成16年より国会タイムズ紙の後も五味会長の依頼により国会議員の占術、政治評論をスタート
≫詳細はこちら
2017.12.11
大谷翔平大リーグへ

世界のベスト6の高額のスポンサー契約選手

NO1 テニス、  ロジャー、フェデラー   5800万ドル
NO2バスケット ジェームス、レブロン    5500万ドル
NO3サッカー  クリスティーアーノロナウド 3500万ドル
NO4陸上    ウサイン、ボルト      3200万ドル
NO5テニス    錦織圭          3000万ドル
NO6サッカー   ネイマール        2200万ドル

米経済誌フォーブスから

【続きを表示▽】

大谷翔平
1994年7月5日生まれ
ベース星 (水)
星  数 (8)
曜  日 (火曜日生まれ)


春の2年目に入り大リーグ移籍、芽が開いて大きくなった2年目。
完全に根を張ります。
最高の時期に米国に行くのです。
テニスのロジャー、フェデラーが大谷選手と同じベース星「水」星数「8」です。

技術力、才能を持ち星数「8」の挑戦力を持って生まれている。

彼はもう始まっていると思うが、高額スポンサーがもう付き始めているらしい。
約2000万ドル。
日本では絶対に不可能な数字です。
私が注目しているのは、
彼が火曜日生まれの決めたらブレない性格です。
これからあらゆる重圧や大変な事が重なります。
ポイントは「野球だけ」これだけに集中する事です。
結果を出せば出すだけ大谷翔平の価値が上がります。

またひとつ楽しみが増えましたね。


2017.12.11
JIMVP小林悠とクリスティーアーノ、ロナウド

前にも書いたがスポーツ選手の場合本人が冬でも競技そのものには余り関係ありません。
あくまで技術力いわゆる「才能」です。

【続きを表示▽】

小林悠
1987年9月23日生まれ
ベース星 (風)
星  数 (3)
曜  日 (水曜日生まれ)


クリスティーロナウド
1985年2月5日生まれ
ベース星 (風)
星  数 (3)
曜  日 (土曜日生まれ)


小林選手は遅咲きと言われている。が、
試合を見ていてもスピードやボールに対しての勘と反応力はずば抜けています。
昨年は怪我でほぼ一年棒にふったが、その分今年は爆発しました。

ロナウドも2016年〜2017年期の5回目のバロンドール受賞と絶好調。
2人共冬なのにどうしてか?

抜群な才能がまず第一
第2は星数「3」にあります。
とにかく失敗しても次の試合に引きづらないのが星数「3」です。
ベース星「風」のスピード、反応力と星数「3」の突破力が備わっているからなのです。

それに星数「3」の人気星。
人を引き付ける吸引力を持っている。

しかし、最後の最後の試合で小林選手のハットトリックは人々の脳裏に完全に焼き付けかせましたね。

世界NO1のスパースター、ロナウドとくらべてもしょうがないが、持って生まれた星がそうなのです。
それに水曜日生まれのリーダーとしての統率力もあるのです。

アジアのロナウド 小林悠。

私はすっかりファンになってしまったのです。


2017.11.27
日馬富士と貴ノ岩の性格

日馬富士
1984年4月14日生まれ
ベース星 (風)
星  数 (4)
曜  日 (土曜日生まれ)


貴ノ岩
1990年2月26日生まれ
ベース星 (光)
星  数 (11)
曜  日 (月曜日生まれ)

【続きを表示▽】

日馬富士は自分のブレーンとかにはとてもやさしく面倒を見る性格です。
逆に、敵に対しては「あいつ今に見ていろ」という忘れない粘っこい性格でもあるのです。

安倍総理も同じベース星「風」星数「4」。
自分を今まで裏切らなかった仲間に対しては、その人が仕事が出来なくても、
それなりのポジションを与えます。
日馬富士もモンゴルでは英雄扱いをされボランテアもたくさんやっている。
しかし、ここは日本。
どういう風になるかはまだわからないが、私個人的には引退させるまではするべきでは
ないと思う。

貴ノ岩が悪いわけではないが、
トリプル占術的には、この人は言わなくてもいい事を言ってしまう星数「11」。
おそらく一度や二度ではないでしょう。
性格的にはとても尽くします。
ただ、一言二言多いのが誤解される原因だったのではないだろうか。

それと親方の貴乃花の性格も出ています。

貴乃花光司
1972年8月12日生まれ
ベース星 (風)
星  数 (3)
曜  日 (土曜日生まれ)


星数「3」の子供じみた考え方だありますね。
冒険好きで革命好きなのはわからないでもないが、組織の理事としては失格です。

本人が勘違いしているのは、昔横綱として時代を築いたという自負を持っているが、
今現在は組織の一理事に過ぎません。
本人の脳の中が、過去の栄光とこれからの改革だけに支配されている様に見えるのです。

国民の人々はいろいろな意見があると思うが、このままではこの人は、苦しくなって行きます。

それと、日馬富士と貴乃花親方は冬の時期にまだいるのです。

来年になれば冬の雪もとけはじめ、また春を迎えられるのですが、

ちょっとした気の緩みで冬の時期にとどめを刺される人も世の中には多くいるのです。


2017.11.20
公明党の山口那津男代表のバランス力

山口氏は小さな事にはこだわらない性格で、もっと上から国民世論を見ています。
先頃の総選挙で、自民党と連立で安定多数を取ったが、比例では700万票のベース土台から少し減らしたがしっかりした基礎票があるのは他の野党の風頼みと違うところです。

風頼みは浮き沈みが激しく読めません。
山口氏は土曜日生まれの慈悲心のある人で、「情と理」のバランス力が抜群な性格です。

【続きを表示▽】

山口那津男
1952年7月12日生まれ
ベース星 (光)
星  数 (9)
曜  日 (土曜日生まれ)

ベース星の「光」も常に客観的に見る人で、自分の方からはのめり込みません。
星数も「9」を持ちケンカを仕掛ける性格でもなく、
A氏とB氏が争ってる時でも公平な判断をし、双方納得させる力を持っている。

同じ「光」でも小池知事と違うのは、山口氏は組織の長として責任があるが、
小池氏は組織(長い歴史)というものを作りたがらない一匹狼の違いなのです。

世の中の人々が、見ていて面白いのは小池劇場だったのです。
いわゆる人気だけです。
それと「光」の特徴は、自分が危なくなると逃げます。
非常にクールなのです。
良くも悪くもベース星「光」とはそういうものです。

先頃の東京都議会の公明党幹事長の発言。
「小池知事とは是々非々でやる」の手のひら返し発言に対して
公明党の北側一雄中央幹事会長の
「これまで通り小池知事とは協力してやっていく」の発言。

この発言は小池氏へのエールではありません。
「小池さんわかっているよね」の意味です。
それと自民党にも言っている事です。

「公明党を裏切って見ろ、その時はどうなるかわかっているのか」
と自民党にも言っている様に、私には聞こえたのです。

他の野党もこの公明党のバランス力を見習わないとね。

憲法改正でも安倍官邸に調子に乗るなよと言っているのです。


2017.11.06
ダルビッシュ有と小泉進次郎議員の人気と実力と度胸。

私は個人的にはダルビッシュは大好きな選手です。
人気と実力はトップクラスだと思っている。が、ワールシリーズの様な、大舞台での度胸
開き直りがありません。
見ていてわかります。

【続きを表示▽】

精神力をどうするかが問題ですね。
でも本人は余り気にしていないかもしれない。
それでも憎めないのが星数「3」の特徴です。
人気は抜群です、あとは度胸だけですね。

政治家は、人気と実力と人望があって次期リーダーグループに入れます。
しかし、これは国民目線の場合です。
党内、自民党の中でどれだけの人々に人望があり支持されているか。
これがないといくら国民に支持されても党内力学的には総理にはなれません。
以前の石波茂氏がその例です、
今現在の小泉進次郎氏は人気だけです、それも国民受けの人気です。

年配の議員なんかは「まだ青い」と思っている人々がほとんどでしょう。
潰そうと思っている人々も多くいる。
その中で今の発言を続けていけるかどうか?
若手、中堅の同志を多く作る事ですよ。

与党内野党、与党内の改革にどれ程の人々が付いて来るのか。
彼は度胸があります。
人気も抜群、
あとは党内の人望、それも老荘青の人々に支持されれば40代の総理誕生です。

小泉進次郎
1981年4月14日生まれ
ベース星 (光)
星  数 (1)
曜  日 (火曜日生まれ)

火曜日生まれのぶれない人です。
星数も「1」を持ち元総理大臣田中角栄と同じですね。
まっすぐ行き過ぎない事。
彼は、たとえて言えば80cmのパッとをはずす、(ワザとに見えない)テクニックを身
に付ければ、

マスコミでも言われている平成の田中角栄になれます。
言力、説得力で人々の心を掴む。
あとはパッと、パッと、
私はそれが出来ればと思っている 。

閉じる△


2017.11.06
政治家の立場

あの政治家を潰したい、政治生命をなくしたいと思っている人々は世の中に数多くいます。
金と女(男)と性癖のマスコミへのリーク。
これでだいたいの政治家は消えて行きます。
東大法学部出身だからとか言うのは学問だけの話なのです。
そういう人々もあらゆる性癖を持っている「公の立場」の人々、
国民の税金で食っている人々は一発で沈められます。

【続きを表示▽】

問題の中身の程度によってはかろうじて助かる人もいる事はいる。
公の立場の人々は、毎日誰かに見張られている。
と考えて行動する事ですよ。
特に「冬」に入った一年目にやられる時が多い。
山尾議員もその一人です。
今回は何とか逃げたが、気をつける事です。
週刊誌だけではありません。
一般の人々まで狙っている。

閉じる△

2017.10.23
大リーグ ドジャース ロバーツ監督の人気と実力と人望

選手の使い方、交替させる時の接し方。
何を見ていても「この監督の元だったら死にもの狂いでやる」
という気持ちにさせる人です。

ダルビッシュが、テキサスレンジャーから放出。
されて少し腐っている時でも彼の乗せ方が抜群だった。

【続きを表示▽】

ダルビッシュはベース星「水」星数「3」曜日「土曜日生まれ」のナイーブでプライドが高い性格です。
その彼をロバーツ監督は「肯定から否定」の理論で再生させました。

要するに。「欠点は充分わかっている、すべてわかっている。しかし、ダルビッシュ君
、君はここと、あれと、これがすごい、それを中心に攻めて行けば打たれない素晴らしいピッチャーだ」
と完全にその気にさせてしまったのです。

一流の選手は人気と実力があります。
それにプライドが一番高いのです。
ただ厳しく、すべてに完璧を求める監督は選手からの人望がありません。

日本は保守をベースにして改革する部分は与野党で話し合って改革する。
これがベターです。
2人とも10年かけて日本の中枢にいてリーダーとしてやって行って欲しい。

デビット、ロバーツ
ベース星 (光)(水)
星  数 (1)
曜  日 (水曜日生まれ)

異界星の人で柔軟な戦法をとる。
星数「1」の親分肌で面倒見が良い人で、水曜日生まれのセンスのある人でもある。

「各選手、コーチ、スタッフ、そして彼らの家族が、
ここにたどり着くまで多くの犠牲を払わなくてはいけなかったと思う。
多くの才能と労力寛容さがあったからだと思う。
世界一をかけて戦う機会を得て、みんなを誇らしく思う」 デビッド、ロバーツ

これが人気と実力と人望を備えた人の言葉。


閉じる△

2017.10.16
野田佳彦氏と前原誠司氏の男の決断。

野田氏は、あの民主党政権の最後の総理をやった人だが、彼は何も悪くはありません。
その前の2人、管元総理と鳩山元総理のやり方が、でたらめだったのを最後に野田氏は尻拭いしただけです。

民主党、民進党の人々は、日本経済そっちのけで党内争いをしているリベラル系の人々。
前回にも書いたが、
なんだかんだ言われても経済を良くした自民党の方が良い方です。外交にしてもそうです。

【続きを表示▽】

国民はよ〜く見ています。
もう一人前原氏もやはり決断をしたのを私は評価します。
今でも民主党、民進党と名前だけ変えても、中身は左、右の人々がごちゃまぜになって
誰も手を付けなかったのが、前原氏の決断によって別れ別れになってしまいました。

合わない人は合いません、よく今まで一緒にいたものです。

小池知事が、「政治の節目節目で重要な決断をした立役者たちだ」と
野田氏と前原氏の事を言い切っている。

この2人は以前にも書いたが、「月曜日」生まれの男です。
それが政治のテクニックでは良い時と悪い時に現れる。
よく言えば柔軟性がない。自分が危なくなるとすぐ勝ち馬に乗り換える。
これが出来ないのが、野田氏と前原氏。
だから信頼出来るとそこそこの人々の求心力になれるのです。

まだ2人とも50代。以前にも書いたが、
男は50才からと。これから10年かかっても60代です。
あわてる事はありませんよ。政治は毎年毎年変わって行きます。

日本は保守をベースにして改革する部分は与野党で話し合って改革する。
これがベターです。
2人とも10年かけて日本の中枢にいてリーダーとしてやって行って欲しい。


閉じる△

2017.10.16
小池知事の人気と人望。

小池氏も調子に乗り過ぎましたね。
まだ途中だが、昨年の知事選がホップ。
今年の都議選がステップ、そして国政へのジャンプで失敗した感じです。

しょせん一人なのかもしれない。
本当の信頼出来るブレーンが、余りいないのでしょう。
これまでの政界で、いろいろな裏切りや舞台裏を経験してきた事は、とても小池氏の財産になっている反面、人を「信頼」出来なくなってしまっているのではないだろうか。

【続きを表示▽】

表向きの人気は抜群なものがある。
しかし、付き合った人々は「ん」と感じる人々が多いのではないだろうか。
私は個人的には、好きだしやり手だと思っている。
選挙後もいろいろ叩かれると思う。
しかし、彼女は負けないでしょう。
性格が、「この程度でしょんぼりしてどうするの」というケロッとしている「星数3」
でもあるしね。

欧米型のCEOタイプなのです。
YES、NOで割り切れないのが、「日本人の心」これを甘く見たのではないだろうか。

人気はあるが人望がない。

米国の大企業のCEO,ドイツの大企業のCEO,フランスの大企業のCEOと一緒にタッグを組んだ方が、
まだ世界に与えるインパクトと未来像を描けるのではないだろうか。

その方向に小池氏は行こうとしているのではないだろうか。
もう一度再構築をして欲しいのが、
小池百合子知事の本当のファンの人々なのではないだろうか。


閉じる△

2017.10.10
小池百合子知事と田中角栄元総理。

「小池さんは世襲政治家ではなく、自力ではい上がった創業者型政治家です。
しかも、陣笠議員ではなく、最高指導者を目指してきた。
その点では、田中角栄元総理以来の存在です」      田中秀征

今、国民は毎日振り回されている。
ジャーナリスト、マスコミ関係の人々も、ここに来て政権寄りの発言を多くの人々がしている。

自分たちのポジションを希望の党を中心にした野党に取られるのではないのか。の、様な心理になっていますね。
コメンティーターの人々は権力欲が強い人が数多くいる。おもしろくなって来ましたね。
前にも書いたが、私は自民党がベースになった方がベターだと今でも思っている。

【続きを表示▽】

しかし、そのやり方が安倍政権のお友達中心というのに国民は反発している。

民進党の前原代表が、10月5日にあのまま総選挙に突入していれば、
民進党は40〜50議席で大負けしていたろうと言っていましたね。
前原氏もいろいろ言われていたが、良く決断をしたと思っている。
まだわからないが、自公が過半数割れの場合、
石波氏と前原氏の2トップが出来るかもしれない。
それには、共産党以外の立憲民主党も首班指名には、賛成するかもしれない。

とにかく安倍政権を倒したいのは、小池氏、前原氏、枝野氏は同じです。

それと小池氏の公明党への配慮は田中角栄元総理にそっくりです。

政治は、深く深〜く読める人には勝てません。

しょせん権力闘争、勝てば官軍。


閉じる△

2017.09.25
巨人軍と小池知事。

もう巨人ファンをやめようかと思っている。
毎日々スレスレの試合をし、気持ちが落ち着きません。
そうは言ってもやっぱりファンはファン。
シーズンオフは大幅な入れ替えをしないと来年も同じ。
イライラの連続になります。

ピッチャーの中継ぎの補強を3人。
打線の大砲を2人。
30本〜40本打てる大砲が欲しい。

【続きを表示▽】

話は政治になるが、小池知事の様な大砲がいれば、試合を引っくり返せると同じになる。

野党も小池知事を担いで戦って行けばおもしろい勝負になる。
野党も負けてしまってからでは終わりです。
国民は白か黒かはっきりしろと言っている。
共産党をはずして野党一本になり、小池氏をヘッドでやれば、自民党といい勝負をする 。

私は個人的には、自民党がベースになった方が、ベターだと思っている。
日本経済はその方が大きく崩れません。
が、まぬけな自分勝手な事をやらせない為に、野党が強くなって行かなければならないと思っている。

どちらが国民を巻き込めるか。
昨年の都知事選、前回の都議選と2回小池氏にやられている。
2度ある事は3度あります。

小池知事が動けば動く程、自民党は憎くて憎くてしょうがない。
決めるのは、都民、国民。おもしろくなる事は間違いない。

理想は自公で60%オール野党で40%


閉じる△

2017.09.19
有名人のトリプル占術を掲載しました。
・山尾志桜里議員の冬の始まり。
・巨人 陽とマギーのトリプル占術。
2017.09.04
有名人のトリプル占術を掲載しました。
・ハリル監督と井手口陽介の相性。
2017.08.21
政界再編パートIVとリーダーの資質

若狭氏達何人かで何が出来るのだろう。
その人達も次の総選挙は苦しい人達です。
2大政党うんぬん言っているが、自分達が当選できないからなのではないだろうか。

前回にも書いたが、自民党の中だけでもう一度ガラガラポンをやり古い体質を改め
NEW自民党をベースにやればベターです。
長老クラスはあらゆる仕掛けをして潰しにくるだろうしね。

【続きを表示▽】

若狭氏達も小池知事の名前を出さないで、小池氏に頼らないで、自分達でやってみなさい。
おそらくパワーが出ません。
前にも書いたが、求心力を持つ人物、カリスマ性がある人がいません。

今、小池知事周辺をいろいろスパイが、スキャンダルをさがしていると言われている。
決定的な何かを?

昨年の知事選挙、今年の都議選挙で負けた人々やグループは、小池氏を
憎くて憎くてしょうがないだろうしね。
しっと、しっと、しっと。

ここでトリプル占術もう一度説明しましょう。
トリプル占術とは、
その人の相性と運気、そして性格を表すものです。が、しょせん
その人のレベルの高い人と低い人に分かれます。

アスリートだったら運気だけでは駄目です。
一番は才能です。
その抜群な才能がある人は、良い時期の運気にも押されます。
先日巨人軍の宇佐美真吾選手が、延長10回サヨナラホームランを打ち逆転しました。


宇佐美真吾
1993年6月4日生まれ
ベース星 (光)
星  数 (5)
曜  日 (金曜日生まれ)


持っている星、性格は、テニスの錦織圭とまったく同じトリプルです。
勝負強い性格。
この人は才能があります。
あとは巨人の首脳陣の育て方だけです。
試合で使う事です。

逆に、才能のない人は、そこまでの力量しかないという事です。

それを本人がわかっているか、わかっていないかだけです。

政治家も同じで、前の稲田大臣は、
自分が異界星で金曜日生まれの性格を自分で自分がわかっていない。
それと弁護士資格にしてもすべて基本はペーパーテスト。
その人の人間としてのセンスというものが、すべての仕事に出てくるものです。
センスがなく資質がない人でしたね。

資質のある政治家とは、
(1)政策と政局のセンスの持ち主。
(2)人気カリスマ実力がある人。
(3)外交センスがある人。
だいたいこのあたりが備わっていないと国のリーダーにはなれません。
それと本人の顔スタイルもね。
まあ、いないかもしれないね。
すべての国会議員の人々は、自分の顔スタイルをよ〜く鏡で見て見なさい。
自分の顔、スタイルにうっとりしてナルシストでも困るしね。

これからあらゆる政局が来るが、命をかけた戦いをする人々とは、
大衆の心に必ず響きます。

それがやれるか、やれないかだけです。


閉じる△

2017.08.07
政界再編パートIII 河野太郎外務大臣

小池知事も若狭氏だけは応援すると先日言い切りました。
これは意味が深い。
都民、国民の肌感覚をわかっているのです。
しかし、これに民進党の前原氏の勢力が、
乗ったりしたらかなりなインパクトはあるのではないだろうか。

【続きを表示▽】

前にも書いたが、
国の政局には小池氏は入らない方がいいとね。
「大義名分」、、、、
これが若狭氏の事です。
彼は昨年からず〜と小池氏と行動を共にして来ました。
この名分があればそこそこの支持を集められると思う。
まず、自民党の東京都の国会議員をピンポイントで狙う事です。
それが、国政へのステップです。
小池氏の性格はおとなしくだまっていられない冒険好きな性格です。

他の国会議員クラスでも選挙に絶対強い人以外は、浮き足立っているのが現実。

誰が切り込み隊長になって行動するかで大きく変わって行きます。
ある程度カリスマ性があって重厚な人。
小池氏以外いる様でいないのが現状ですね。

先人いわく、さるは木から落ちてもさるだが、代議士は落ちればただの人。
今まで調子に乗っていた人でも落ちれば終わりと言う事です。
マスコミ、メディア的にはおもしろいし話題になります。
しかし、私はやはり自民党がベースになって行くのが、ベターだと思っている。
前にも書いたが、国民は革命的な事を望んでいない。

もっとしっかり正直にやれと言っている。
総理が変わってもいいからしっかりやれと。
今度の人事(大臣)もまあまあだと思っている。

河野太郎外務大臣クラスが、
これからの自民党の中心になって行けばおもしろくなるのではないだろうか。


河野太郎
1963年1月10日生まれ
ベース星 (地)(風)
星  数 (3)
曜  日 (木曜日生まれ)


この人はサラブレッドでも野生のサラブレッドです。

ある女優が言った言葉があります。
「男は50代から」


閉じる△

2017.07.31
政界再編パートII 次期総理

国民のトラウマは消えないものですね。
あの民主党(今民進党)ね。
いくら正論を言っても信じてもらえない。
若手中堅の民進党議員は、気の毒でもある。
それじゃ自民党はどうなのか?
国民のほとんどは、安倍総理が退陣してその仲間達が消えてくれれば、
自民党に任せても良いと思っているのではないだろうか。

【続きを表示▽】

どうしてか?
それは、国の経済や外交、それに各基幹産業の変化を望んでいません。
安定を国民が望んでいるからなのです。
もし自民党に変わる受け皿、いわゆる都民ファーストうんぬん言われているが、
ムードムードだけであって国政を任せても良いとは国民は思っていません。
たとえ国政に出ても40人〜60人位は取るかもしれないが、
それの軸求心力そのものがいない。
せいぜい今のところそこまでです。
前にも書いたが、小池百合子知事一人だけです。
あとの国会議員がいろいろいるが、線が細く弱い。
まあ小池氏と同じクラスの度胸のある大物クラスが旗を立てれば変わるかもしれない。

しかし、自民党の長老クラスも世間から見ればかなりズレ過ぎている人々が、ズラーといる。
これも困ったものです。
「俺を誰だと思っているんだ」というのが根にあるいわゆる
「おっさん政治」最後にはガラガラポンで
安倍総理も退陣をし、野党も右と左に割れて右往左往し、「結局薬局郵便局」で
一番かたい安定感のある。

岸田文雄外務大臣に、落ちつくのではないだろうか。

岸田文雄
1957年7月29日生まれ
ベース星 (雲)
星  数 (4)
曜  日 (月曜日生まれ)


この人が次期総理になれば派手さはないが、安定感はあります。
小池知事も国の政局には入らない事ですよ。
他の国会議員クラスが、
本当にガケから飛び降りてやり合うのを高みの見物に徹する事です。

一年前、小池氏は一人で組織も何もなく自分の命を賭けてここまで来たのです。
私はそれだけで大したものだと思っています。
他の議員クラスも同じ事をやってみて始めて国民は動くのです。

それが出来ますか?


閉じる△

2017.07.24
政界再編パートT

「あの程度の大臣クラスや他の国会議員」
その人達の発言や仕事に対して国民の人々は、
「俺でももっと良く出来る。私でもあのクラスよりは出来る」と
思っている人々が多く存在しています。

要は、自民党と戦える改革志向の保守を誰と誰々が作るかなのです。

誰が小池百合子知事のマネをして崖から飛び降りました。と言っていたが、
あの程度じゃ崖のうちに入りませんよ。

【続きを表示▽】

次からは私の想像だが、
「絵になる大将」が、小池百合子氏以外いません。
しかし、小池氏は本当に自民党を潰そうとは考えていません。
改革して欲しいのです。が、今のすべての幹部クラスではズレ過ぎて無理なのです。

こういう心理になっているのではないだろうか。
いずれ小池氏も運気が下がって来ます。
今の安倍総理の様に冬に入ります。
それと
自民党の石波氏も中途半端ですね。
今のままではたとえ安倍総理が失脚しても次の総理には自民党の中ではなれません。

民進党の前原氏と一緒に、本当に崖から飛び降りて新党を作る。
位の事をやらなければ無理でしょうね。

安倍批判をして言うのは簡単です。
問題は、実行出来るかどうかなのです。
その旗を立てれば国民は動きます。


閉じる△

2017.07.18
政治への挑戦

「だめだ、できない」で決め付けてしまうのが、今までの古いやり方でした。
たくさんの人々にアイデアを出してもらいいつも情報公開する。
その都度国民には「これでどうか」といつも問いかけて行けばいいのです。

都会であろうが、いなかであろうが、ズレ過ぎて古い人々は退場されて行く流れになっている。
私も含めていろいろな人々に言えること。
「面倒くさい」と思ったらもうそこで止まっている。
確かに面倒くさいことはいろいろあります。しかしそれはその人の個人的な私生活事であって、
あくまでも一般的な人々の事です。
それが、政治のリーダー達にとっては「面倒くさい」が致命傷なのです。

【続きを表示▽】

国民に中長期的な夢を語れる政治家がいなくなりました。
それも現実をともなう夢を語れる人がね。

おっとと失礼、ベンチャー型政党
都民ファーストがいますね。
小池百合子知事と野田数代表のコンビが、どういう核を作って行くかですね。

他にはいませんね。
国民目線で、本当に政治を変えて行くという挑戦出来るのは。
当然他の勢力が潰しにかかって来るしね。

確かに自民党は古過ぎてズレ過ぎている。
危ないですね


閉じる△

2017.07.18
有名人のトリプル占術を掲載しました。
・異界星の2人 稲田防衛大臣と萩生田官房副長官
2017.06.22
有名人のトリプル占術を掲載しました。
・政治アナリスト伊藤惇夫氏の分析力
2017.06.22
小池百合子知事VS菅官房長官

この数ヶ月の流れを見ていると、菅氏はどうしても小池氏を潰したい動きにいろいろ出ています。

現代の選挙は血を流さない「平和な戦争」と言われている。
やるかやられるかどちらかなのです。
私の推測だが、小池氏の腹は都議選後まで読んでいる様に感じるのです。
それは先頃のフランスの選挙でマクロン氏が、既存の政党ではなく、国民目線のNEW政党を立ち上げて勝ちました。
この流れを小池氏は見ているのではないだろうか。

【続きを表示▽】

日本の一丁目一番地の東京をまず都議選で勝利をし実権を握る。
その後に、東京都選出の自民党の国会議員を潰す作戦があるのではないだろうか。
それを感じている国会議員(東京都選出)が、官邸に泣きついている。

最近いろいろな自民党勢力が小池知事潰しに動いている
。 政治ジャーナリストでも政権寄りの人々や、それらの業界の人々。
お笑い芸人まで文化人面をして批判している。

勝負事とは、相手がいやがる事を何度も々も仕掛けて行くのが鉄則です。
しかし。前にも書いたが
小池氏の性格はやられればやられるほど「それがどうした」という性格なのです。
小池氏の本当の腹は、安倍総理までは考えていません。
まず菅氏だけは潰さないとやりづらくてしょうがないと思っています。
菅氏も同じです。

それもこれも互いに今度の都議選で勝ってこそ出来る事なのです。
「トリプル占術的には、小池氏は上昇がMAXに入っている。
 菅氏は2017年から下降に入っています」これわかりますね。

すべては世論が決めるのです。
東京は地方と違って色「政党色」のついていない無党派層の世界というのを忘れてはいけない。

小池氏が、もし勝てばその後に東京都の統治に入ります。
副知事初め人事をやります。

ガバナビリティ(統治能力)はあります。

国家、官邸の権力を握っている菅氏。
東京都の世論を味方にしている小池氏。

どんな勝負になるか。


閉じる△

2017.06.12
有名人のトリプル占術を掲載しました。
・平野美宇と異界星の性格。
・天才 張本智和のトリプル占術。
・巨人高橋由伸監督の真冬。
2017.06.01
有名人のトリプル占術を掲載しました。
・前川喜平前事務次官と官邸の権力
→更新履歴
有名人 ベース星 星数 曜日 鑑定
野田数 1 月曜日
長島昭久 1 土曜日
ティラーソン国務長官 7 日曜日
安倍昭恵 7 日曜日
栗山英樹 11 水曜日
ボブ。ディラン 8 土曜日
イヴァンカ、トランプ 風、地 5 金曜日
ドナルド、トランプ 4 金曜日
若狭勝 3 木曜日
テリーザ、メイ 5 月曜日
小池百合子 3 火曜日
イ、ボミ 1 日曜日
ガレス、ベイル 5 日曜日
松本潤 5 火曜日
麻生太郎 7 金曜日
ダルビッシュ有 3 土曜日
長友佑都 9 金曜日


pageup