人が生まれながら持っている「天・風・水・雲・地・光」にその人の星数を入れることにより、本当の性格を占います。

  無限の「トリプル占術」 永田無限公式サイト
占いのお申込
 
 
無限の「トリプル占術」 プロフィール 占星実績 著書・メディア情報 よくあるご質問 お問合せ
個人情報保護方針   トップページ
 
1950年生まれ。
平成16年より国会タイムズ紙の後も五味会長の依頼により国会議員の占星、政治評論をスタート
≫詳細はこちら
 
   


仏エマニュエル、マクロン新大統領とブリジット、マクロンの相性。

エマニュエル、マクロン
1977年12月21日生まれ
ベース星 (地)
星  数 (3)
曜  日 (水曜日生まれ)

ブリジット、マクロン
1953年4月13日生まれ
ベース星 (雲)(天)
星  数 (8)
曜  日 (月曜日生まれ)



マクロン氏も2017年はトリプルの年。
他の候補のスキャンダルや極右を嫌うフランス国民の支持を集めました。

問題は若者の失業率。
これから本当の実力が試されます。

このカップルは年の差こそ離れているが、奥さんの性格は、どんな事があってもマクロ
ン氏を支えます。
星数「8」から見ると星数「3」は典型的な姉さん女房です。
「私がすべてやらないと」という精神状態にいつもいます。
それに奥さんは異界星の人です。
彼が苦しくなってどうしようもなくなった時に必ず救う秘策を持っています。

気ががりなのは2年前の2015年。
当時、マクロン氏が経済産業大臣の時に、ルノー日産のCEOカルロス、ゴーンとバトル
をしました。
その時は、マクロン氏がフランスの支配にルノー日産を置こうとしたのですが、
結果はゴーン氏の反発により流れてしまいました。
マクロン氏のベース星「地」はそれを根に持つ性格です。
これをさわったりしたら大きく問題が起こります。
やる事が他にたくさんあるはずなのです。

片寄らない政策をバランス良く出来るのが、「水曜日生まれ」です。

フランスの動脈(経済)をいかに太く磐石にするのが彼の仕事です。
この人の運気も前に書いた 世耕大臣と同じ推移で流れて行きます。
本当の実力がある人とは、あわてないのです。
あわててやる人は実力がないからすぐにポキッと折れるのです。

あわてないで一つ一つ国を作って行ったら良いのです。

小池百合子知事のレベルと実力

8月〜9月の2カ月は、ゆっくり休みいろいろな事を考えて整理をしました。
オリンピックやテニスの全米の錦織圭の活躍にエネルギーをもらったものです。

何と言っても一番は小池百合子知事。
国会も始まりましたが、国民を一番引き付けて毎日ワクワクさせている。
前にも書いたが、2016年〜は小池氏の時代に入っているのです。

小池氏のトリプル占術が、最高の時期に入っているからだけではありません。
小池氏の思想哲学、器、経験等、すべてのレベルが、国の総理大臣と同じ位の実力があります。

国民の皆さんも比較して見ていると思うが、
他の大臣と比べて見なさい、
小池氏の方がはるかにどっしりとした人に見えますね。
どうしてその様に見えるのか?
それは命をかけているからなのです。

7月に、たった一人で都知事選に自分の体をかけて大の大人達すべてを相手にして勝利をし、
これから大改革をやろうとしている。

この人には、私利私欲というものが見えません。
他の利権屋達にとっては邪魔な存在なのです。
本当は潰したくてしょうがないが、もう世論とマスコミ、メディアが監視をしている。
東京都で291万人の人々の支持がある。
日本全国で言ったら数千万人の人々が、支持をしている。

小池氏
ベース星 (光)
星  数 (3)
曜  日 (火曜日生まれ)


3つのトリプル占術のレベルと実力が、高いという事なのです。
これが、低いレベルと実力の人ではすぐに潰れて行くのです。
小池氏を見ていると
おそらく毎日起きてからと、寝る時には自問自答しているのではないだろうか。

それほど達観している人なのです。

小池百合子新知事と若狭勝衆議院議員の相性、都議会のドン内田茂氏のトリプル占術。

主演、脚本、監督とすべてを一人でやってしまいました。
もちろん脇役として若狭勝氏を出演させ、
2人で都民、国民メディアやマスコミを引っ張りましたね。

小池氏も若狭氏も星数「3」を持っています。
前回小池氏のトリプル占術を書きました。
今回は、小池氏と若狭氏の相性を紹介しましょう。

「やられたらやりかえす」これが、星数「3」の一番強い性格です。
相手が挑発すればするほどやり返します。

若狭氏が、小池氏の事を、アイデアが豊富で国際性が優れている。と言っているが、
若狭氏も同じ性格です。

若狭勝
1956年12月6日生まれ
ベース星 (地)さる
星  数 (3)
曜  日 (木曜日生まれ)


ベース星「地」の参謀、軍師の性格で、非常に戦略に長けている。
それに木曜日生まれの「やると言ったらやる」性格で、責任も自分がとる潔い人です。
自民党も除名をちらつかせている時でも、ブレがなく最後まで体を張って小池氏を守っ
たのです。

「男の中の男」と小池氏に言われた時は、本人もしびれたのではないだろうか。
東京という所は、地方の選挙の様には行かない所です。
地方の人々は、その地区の代議士といろいろなしがらみがある。
東京の人々は、一部を除いてほとんどの人々はしがらみがないのです。
その人口が、600万人以上いるのです。

今回の選挙でブラックボックスと名指しされた都議会のドン内田氏は、2016年は、
ダブルで良くない年になっています。


内田茂
1939年3月15日生まれ
ベース星 (地)(風)うさぎ
星  数 (4)
曜  日 (水曜日生まれ)


異界星の人です。
その時その時の危機をすり抜けるのが、本能的に備わっている人です。

要するに、掴みどころがなく、どう出て来るかわからない、相手に読ませない性格。
星数「4」の自分のブレーンや身内にはとても厚くもてなすのもこの性格。
逆に、敵には徹底的に痛めつけるのもこの性格。

しかし、相手は小池百合子氏。
甘く見てはやられます。
オリンピック組織委員会の森嘉朗会長も「昔の小池百合子」的な発想しかもっていない
のではないだろうか。

甘く見ては森氏でさえも挑発対挑発で、毎日イライラさせられます。
しかし、小池氏はこの挑発をやられればやられるほどファイトがわく性格なのです。

私から見てもロシアの現ラブロフ外相と小池氏は、同じ性格、同じ位の器があります。
ラブロフもプーチン大統領という大カリスマだから支えているのです。
小池氏にとって昔の小沢一郎氏小泉純一郎氏位の器には従ったのですが、
今はそういう尊敬するカリスマ的な力のある人は、小池氏から見ればいないのです。

おっとっと失礼、一人いますね、二階俊博新幹事長。

小池氏は言う事を聞かないのではなく、元々一匹狼なのです。
安倍政権の方もよほどの器を小池氏に見せないと、どうなるかわかりません。
しかし、たいした人ですね。
他の国会議員や幹部クラスも今回はいい勉強させてもらったと素直にならないと、
次は本当に都民、国民にやられます。

これから都民、メディア、マスコミが、ず〜と監視を続けて行く流れに、小池氏は作っ
たのです。
今頃、いつバレるかどうしようか毎日ハラハラしている人々が、多くいるのではないだ
ろうか。

「喧嘩はこうやる人よ、わかったかい」
「はい、わかりました」

政界の女優小池百合子のトリプル占術

どの様な組織にも能力実力がある人なのに、その組織のトップから嫌われて
冷や飯を食っている人がいる、、、、、。
やめて他の組織に移ればいいが、それは会社対会社の話であって、
自民党から民進党に移る事が出来ないのが政治家です。
中にはいますよそういう人が。
小池氏も渡り鳥人生を送ってきた人ではあるが、最後の勝負に出ました。

小池百合子
1952年7月15日生まれ
ベース星 (光)たつ
星  数 (3)
曜  日 (火曜日生まれ)


この人は星数「3」がポイントです。
冒険が好きな自由を好む性格で、その時に失敗しても後に引きづらない性格。
トリプル占術的に言えば2016年〜2018年は、本人にとって最高の時期に入ります。
私から見てこの人は「女優」と同じです。
女優は中身が男だと言われている。
個人的にはやらせてあげたい。
もっと未来のあるTOKYOを作るかもしれない。
彼女が言っている「10年おきに勝負する」は、本人が自分の最高の運気を知っていいるかもしれない。
確かに最高の時期に入る。
しかし、当選するしないは、都民の心を掴めるか掴めないかで変わって来ます。

都議会のメンバーも必死になって潰そうとしている。
自民党とかの政党からは嫌われているが、都民世論に堂々と自分の持論を展開する事です。

女優 夏目雅子のセリフが浮かんで来ました。
小池 「なめたら、なめたらいかんぜよ」
都議団「いや、あのその、、、、。」
小池 「利権追及チームは必ずやるけんの」
都議団「、、、、、、、。」

と、まあこんな心理状態になっているのではないだろうか。

風を起こせるか小池百合子

ダルビッシュ有と山本聖子の3つの星トリプル占術の相性

ダルビッシュも2年近くケガで苦しんだが、2016年から彼も春を迎えている。
その彼を支えたのが、山本聖子です。
彼女の3つの星トリプル占術は、人間的に言えばクオリティー(質)が高い人です、
どうして高いのか?
「自分を捨てて彼の為にすべてを与えています」
それも山本聖子ファミリー挙げてダルビッシュを支えて来たのです。
「自分を捨てる」と簡単に言うが、普通の女房は出来ません。
あげまん、さげまんで言えばあげまんです。
誤解のない様にいっておくが、前の奥さん紗栄子が、悪いわけではありません。

その頃はダルビッシュも紗栄子も若かったのです。

ダルビッシュ有
1986年8月16日生まれ
ベース星 (水)
星  数 (3)
曜  日 (土曜日生まれ)

山本聖子
1980年8月22日生まれ
ベース星 (天)
星  数 (3)
曜  日 (金曜日生まれ)


姉さん女房の方が良いと前も書いたが、ダルビッシュの投球を見ていて皆さんわかりますか?
家庭での悩みとか他の心配事が、投球とその人の顔に出てくるものなのです。
今のダルビッシュは、何にも出ていません。
バッターとの駆け引きチームの為という顔になっています。

このカップルは、ともに星数「3」の為、家庭での話が、毎日はずんでいます。
それに山本聖子の「金曜日生まれ」の度胸が、どんな困難になっても乗り越えるパワーを持っている。
元々ベース星「水」と「天」は最高の相性です。
互いに疲れません。
「水」が「天」に良い意味で甘えます。
ダルビッシュは寅年です。
寅年の人は、強すぎてもいけません。弱すぎてもいけません。
その強弱のさじ加減を本人が本能的に出来る様になれば、
「虎に翼」になるのです。

ダルビッシュはそれを本能的にわかってきたのではないだろうか。

バルセロナ。ルイス、エンリケ
レアル、マドリード。ジネディーヌ、ジダン
アトリコット、マドリード。ディエゴ、シメネオ
3監督のトリプル占術

その人の運気が、春の一年目を迎えると完全に昨年までの冬の時期とは比べ様もない
落ち着いた精神状態になります。
バルサのルイス、エンリケレアルのジネディーヌ、ジダンは
2016年から12周期のスタートの星になっています。が、2人とも金曜日生まれで
他の曜日とは
違うエネルギーパワーを持っています。
他の星の人と違うのは同じ春でも異次元の力を発揮します。
それに2人は3つの星トリプル占術が、すべて同じなのです。

ルイス、エンリケ
1970年5月8日生まれ
ベース星 (水)犬
星  数 (3)
曜  日 (金曜日生まれ)

ジネディーヌ、ジダン
1972年6月23日生まれ
ベース星 (水)
星  数 (3)
曜  日 (金曜日生まれ)


2人とも同じ性格で、相手がどういう作戦で来るかという事を相手も同じ様に読めます。
それに2人ともベース星「水」のとにかくうるさく選手に指示します。
FWに対しても「中盤まで下がってボールをキープしろ」と技術的な事は
「水」の人々が一番うるさいのです。
しかし、負けた試合でも互いに星数「3」の為、ケロッとして後々引きづらないのも長所です。

バルサとレアルの選手もその点は疲れません。
今シーズンはバルサが勝ち点1の差で優勝したが、ジダンの書き返しが、来シーズンは
必ずあります。

今シーズン3位に終わったアトリコット、マドリードのシメオネ監督

ディエゴ、シメオネ
1970年4月28日まれ
ベース星 (風)いぬ
星  数 (4)
曜  日(火曜日生まれ)



勝負師、ファイターとして知られている。
性格が粘り強く相手を崩して行く戦法を取っている。
この人は個人的には真冬のど真ん中にいます。
以前から何度も言っているが、崩れる様で崩れないのが、ベース星「風」星数「4」の人です。
とにかくあきらめない性格で、「風」特有のあらゆる戦法を使って来ます。
スーパースター的な選手は余りいないが、個性的な癖のある選手を起用している。
レアルもバルサもこのチームを苦手としているのが見ていてわかります。
「点を取れそうでとれない」今シーズンは、3位に終わったシメオネ監督だが、
2011年〜12UEL欧州カップ優勝
2012〜2013国内カップ優勝
UEFAスーパーカップ優勝と続けて制覇した時期が、シメオネ監督の3年間の最高の時期
だったのです。

ルイス、エンリケ
ジネディーヌ、ジダン
ディエゴ、シメオネこの3人の異次元の戦いが、世界の人々に興奮を与えています。

2016年〜2017年のシーズンも3人の監督の名勝負が、これからも続くのです。

世界のどんな人々も自分の「星」に支配されています。
これはどうしようもありません。
その自分の「星」を読んでも上手に泳げる人々に、その「星」は力を与えるのです。

自分の「星」に逆らう人は、もうそこで終わっているのです。
3監督の様に、世界の異次元の世界で活躍している人もいれば、日本だけで活躍している人もいる。
それはその人の幼少の頃からの夢、思考力、決断などによって大きく変わって行きます。

 

おおさか維新の会 下地幹朗代議士とサッカーU23手倉森誠監督のトリプル占術

国会議員は基本的には政策を勉強して、それが国民の為になる法案だったら、
政府に検討させるのが仕事です。
しかし、「何かおかしいな、あの党の動きが」と、
政局の匂いを敏感に嗅ぎ取る人が、動き始めると政策の事を後回しにして、
自分達が生き残る為に、あらゆる手を使い主導権を握ろうとします。

この2つの政策と政局、両方強い人もいるのです。
国会の予算委員会を見ていれば分かると思うが、「出来そうで出来ない政策」があります。
「これはどうでしょうと又、別の提案をしました。うん、これは考えて実行に移しても
いいだろう」という政策。
「総理、次はこれなんですが」と次から次に政策を提案して政府に検討させ、
なおかつ政局の動きの鋭いのが、下地幹朗です。

下地幹朗
1961年8月14日生まれ
ベース星 (風)うし
星 数 (3)
曜 日 (月曜日生まれ)

考えてから走るのではなく、走りながら考えるのが、ベース星「風」星数「3」の人々。
とにかく行動が早く、次はその次はとどんどん前に行く人です。

若い時から失敗を多くして来たのが、この星の人々です。
しかし、それが人生のミドルになってくると、その人の重みとなるのです。
「それがどうした、だから俺にはわかるんだ」という開き直りになります。
それに星数「3」の自分が苦しくなってもケロッとしている人です。
さらに月曜日生まれの男らしい男で、

「戦国武将にたとえると「侍大将」なのです。
馬にまたがり槍を振り回し「お前達俺について来い。あの城を必ず落とすぞ」
部下たちも勇気をもらい突撃して行くのです。
頼もしい男と、この武将の殿様も部下も、ここ一番の勝負に頼りにするのが、
下地幹朗という男なのです。

今年は総選挙があると言われている。
その勇気だけで判断出来ないのが、政界です。
確かに下地代議士は今年から冬に入ります。
しかし、前の選挙で冬の人でも当選しています。現大臣の丸川珠代もその一人です。
それは、

政界の渦が、大きく流れるからなのです。

政治の中枢にいる事が、大事なのです。
これが離れてマイナスの流れに行けば、そこでもう終わります。
下地代議士はキャスティングボードを握れるベストポジションにいます。
サッカーもそうなのです。
国民を巻き込んだ応援、国と国との戦い。

手倉森誠
1967年11月14日生まれ
ベース星 (風)ひつじ
星 数 (3)
曜 日 (火曜日生まれ)

この人も今年から冬に入っているが、アジアチャンピオンになりオリンピック出場です。
それに選手が、ベストメンバーですね。

ベース星「風」星数「3」の人々は、とにかくお金を使います。
あればパッパッと行きます。
後先考えない人々が多いのですが、それがその人の血となり肉となります。

人間は、お金を使った分だけは良くも悪くも自分の脳と体に残るものです。
決勝を見ていて0−2で負けていてもケロッとしてラストの勝負に出ました。
逆に韓国は、後半途中に「もう勝った」と思ってしまったのです。

先程も言ったが、考えてから走るのではありません。
走りながら「瞬時の判断」が抜群なのが、

下地幹朗 、手倉森誠の
ベース星(風)星数(3)の人々なのです。

選挙でもサッカーの試合でも勝負事とは勝たなければ意味がないのです。
2016年は、政治の世界も荒れるし、サッカーの世界も荒れます。

さあ、誰が生き残るのか。


作家白川道のトリプル占術と魅力

私は麻雀はやらない。他のギャンブルも好きではない。
しかし、白川道の本を読んでいるとゾクゾクするのである。
血も騒ぐし読み始めると朝までかかってしまった。
2015年の正月から彼の本を読み始めた。名前は知っていました。

私は色々なジャンルの作家の作品を読んだが、この数十年の記憶で言えば、
大藪春彦が、NO1だった。
どうしてか?物語の設定が、壮大なのです。私も若い頃からファッションの世界にいて世界をまわった。
大藪春彦は又、その世界に連れて行ってくれるのでした。
彼はハードボイルドの世界を描いていたが、
白川道は人間の奥深い心理を壮大なスケールで描いている。
男と女の心理、株の世界での勝負、友人に対しての心理等々が、細かく々描いている。
それに詩人的な文章なのです。
どうしてこういう物語を描けるのか?
それは白川道の人生体験が、並みの波乱万丈ではなく、生命を賭けた人生だったのではないだろうか。
たえず「勝負」の世界にいたからなのです。
彼の誕生日を見てなるほどと思ったものです。

白川道
1945年10月19日生まれ
ベース星 (光)
星 数 (3)
曜 日 (金曜日生まれ)

まず、ベース星の「光」はどんな人とも先入観なく付き合える人なのです。ピンからキリ。
一杯飲み屋のおばちゃん、おじちゃんからトップクラスの人々までわけへだてなく
バランス良く付き合えるのが、「光}の人々なのです。

それに星数「3」の冒険、ギャンブラー、自由、その時々の勝負に勝っても負けてもさらっとした性格でもある。
それに一番は人気星。
人を引き付ける「魅力」を持って生まれている。
さらにすごのは「金曜日生まれ」なのです。

金曜日生まれ、、、、、
とにかく勝負強い。
相手が年上の大物でも向かって行く「度胸」それに本人が困った事があっても
色々な人々が何とかしようというともかく恵まれている星に生まれています。
大藪春彦も同じ金曜日うまれ。

かつて世界の女性をとりこにした
大スター アラン、ドロン 
水の1の金曜日

当時の米国のケネディー大統領とソ連のフルシチョフ首相を相手にいい勝負をした
キューバのフィデル、カストロ
風の3の金曜日

伝説のマイケル、ジャクソン
風の6の金曜日

大女優カトリーヌ、ドヌ−ブ
地の4の金曜日

大女優ブリジット、バルドー
雲の9の金曜日

今テニスのグランドスラムをやっているが、
世界NO1の
ノバク、ジョコビッチ
天の7の金曜日
英国のアンディー、マレー
天の9の金曜日
日本の錦織圭
光の5の金曜日

F1レーサーのシューマッハこれらの人々が、白川道と同じ世界を動かしている
金曜日生まれの人々なのです。

皆さん白川道のマネをしてはいけません
命がいくつあっても足りません。
白川道の(光)は2015年は最高の年を迎える。


大スターケビン・コスナーと世界の星数(3)の人々。

ケビン・コスナー
1955年1月18日生まれ
ベース星  (風)
星 数  (3)
曜 日  火曜日生まれ


ケビン・コスナーの作品を今さら皆さんに説明するまでもなく、ハリウッド映画史に
数々の名作を残したビッグスターである。
ベース星「風」を持って生まれている。
「風」の人々は、若い時代から数々の恋愛を経験する人が、多い。
いわゆる「一目ぼれ」的な感覚が鋭い人々が、「風」の人々。
別れるのも早く、次の恋人達を求めて行く。「飽きっぽい」人が、多い。
しかし、人生色々な失敗経験を積んで、だんだん人間の幅が出てきて落ち着いてくるのです。

ケビン、コスナーは星数(3)を持って生まれている。
星数(3)、、、、
誰からも愛され好かれる「人気星」が星数(3)なのです。
年齢に関係なく無邪気な子供の様な性格なのです。
1〜9の星数の中で、一番好かれる全方位の星数、それが星数(3)なのです。
とにかく明るい人で、たとえて言えば、
そのチーム全員が試合で負けてしょんぼりしている時など星数(3)の人が1人
いると

皆んなを元気づけるのです。
「どうってことないよ、くよくよするな」。ケロっとしているのが、星数(3)なのです。
私の友人知人にも多く「憎めない性格」なのです。
レアルマドリードの人気トップスター クリスティアー、ロナウドもケビンコスナーと同じ(風)の(3)の人です。
映画スターにしてもいいし、スーパーモデルでも活躍している。世界の女性の憧れなのです。

それに星数(3)のイケイケドンドンのたえず、前に行く人なのです。

キューバ革命のフィデル、カストロ (風)の(3)の金曜日生まれ
その当時のキューバのバチスタ政権を倒し、
その後には米国のケネディ大統領を相手に先手先手の手を打ち、相当困らせたのです。
キューバ革命の英雄なのです。今年88才になるが、
その後のキューバは国民にとって幸せか不幸かは評価がわかれる様になっている。

世界の星数(3)の人々を紹介しよう。

政治家    ヒラリー、クリントン   風の3の日曜日
フランス大統領 フランソワ、オランド  雲の3の木曜日
歌手      セリーヌ、ディオン   雲の3の土曜日
英国      キャサリン妃      水の3の土曜日
ハリウッド大女優 フェイ、ダナウエイ  光の3の火曜日
ジョディ、フォスター 光の3の月曜日
ハリウッド    ジョン、マルコビッチ 雲の3の水曜日
ジェニファー、ロペス  地の3の金曜日
ジェイミー、フォックス 地の3の水曜日
リーアム、ニーソン   水の3の土曜日
グラミー賞 R&B メアリー、J,ブライジー 雲の3の月曜日
世界のサッカーの皇帝  フランツ、ベッケンバウアー  水の3の火曜日
誰もが認める世界最高の司令塔  ジネディーヌ、ジタン 水の3の金曜日
マンチェスターユナイテッド  ウエイン、ルーニー   雲の3の木曜日
ゴルフ  フィル、ミケルソン      光の3の火曜日
歌手   テレサ、テン         風の3の木曜日
日本   石原裕次郎          天、雲の3の金曜日
作家   山崎豊子           水の3の月曜日
高杉良            光の3の水曜日
弘兼憲史           水の3の火曜日
俳優   白竜             風の3の金曜日
女優   名取裕子           光の3の日曜日
蒼井優            水の3の土曜日
大島葉子           水の3の月曜日
政治家  小池百合子          光の3の火曜日

大女優 フェイ、ダナウエイと小池百合子は同じ星を3つ持っている。
大作家の山崎豊子と女優の大島葉子も同じ星が3つある。
俳優 白竜はキューバのカストロと同じ「風の3の金曜日生まれ」

金曜日生まれの命知らずの男なのです。


 


 
 
pageup